往復写簡

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

九州鉄道の旅  

ブログ



がっちへ


前回のがっちの写真は、秋の空という感じで綺麗でした!
そんな写真を見ながら、これから秋が始まると思っていたら、ここ数日急に寒くなりましたね。 
まだ紅葉もしていないのに、冬のような寒さ、、、。

季節の変わり目は寒暖の差が激しいので、体調を崩さないようにしないとですね。


ところで、
1カ月程前、9月の連休に九州を旅してきました。

鹿児島で友人の結婚式があり、それに出席することが旅の目的でしたが、、、。
以前も少しカミングアウトしたように、ローカル線好きとしては、
九州といえば鉄道!!ということで、
飛行機で博多に入り、鉄道を乗り継いで鹿児島まで南下していくことにしました。

ルートとしては、博多から九州新幹線で熊本に入り、内陸に入って阿蘇山の山奥の温泉で1泊。
熊本から先は、不知火湾をみながらの海側ルートを水俣で1泊しながら南下していきました。

今回の写真は、その阿蘇山観光をしたあとに、
赤水という小さな駅から九州横断鉄道で新八代まで行くために購入した切符の写真です。
手書きの切符なんて久しぶりに見たので、駅舎と一緒に撮影しておきました。

豊肥本線の赤水駅は小さな木造の駅舎ですが、駅員さんも居て(夜は無人駅)特急電車が停車します。
駅にはもちろん券売機がないので、乗車券と特急券はこんな手書きの切符を書いてくれるのです。

自動券売機どころか切符だってあんまり持たない昨今、
駅員さんが手で記入してくれた切符をもらうと、なんだか「旅をしている」という感じが出て嬉しかったです!

阿蘇山のカルデラに入るためにスイッチバックしながら登って行く九州横断鉄道、
新八代から鹿児島県の川内まで走る第3セクターのおれんじ鉄道が走らせる、食堂車しかない、その名も「オレンジ食堂」という鉄道など、、、。
鉄道と温泉、美味しい物に観光と、とっても充実した旅でした。



都心の電車は軽量化が進み、アルミやプラスチックなど内装が多くなっていますが、
九州の鉄道は、鉄と木、ガラスでできていて、すごく重量感があるんです。

そんなどっしりした鉄道が九州の雄大な風景の中を走っていく、、、。
「ななつ星」なんていう鉄道が生まれるのもすごく納得。
九州は、まさに鉄道旅ができますよ!

なんか趣味丸出しのお手紙になってしまいました、、、(笑)
がっちは、どんな旅が好きですか?
思い出に残っている旅なんてありますか?


会う機会はあっても、なかなかゆっくり話しもできないですね。

ではまたお互い必ずお元気で!



                                       ひろやんより
スポンサーサイト

category: ひろやん から がっちへ

tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。